天使のはねやすみ

Welcome to my blog

ジュラシックワールド

なんとなくテレビでやってたのを見た。

理由は副長が吹き替えに初挑戦するから。

動機がそれかよって;;;;;

映画の評判はよかったそうだが…。

うーん、いろいろ突っ込みありありな展開に…。



製作した意図がまず知りたい。

原点回帰だったらしいが…。

もう最初の感動が感じられない。それは、他の感想でも見た。

そして、人命の軽さに心が痛む。

人間の驕りと欲望の結果だ…というには、ちょい、説得力がない;;;

で、恐竜も、ただ種類を出して競演させました~的な扱いが痛々しい…;;;

てか、そもそも、恐竜をビジネスの道具として展示するのって、どーよ???

水族館のイルカの展示さえ、あんだけバッシングされてる昨今なのに…。

遺伝子操作で、せめて、人を襲わない固体に作り変えることも可能なはずなのに…。

と、思うのは、そもそも世界観を無視した意見になってしまうのか…。

これは日本人的感覚?

ゴジラの方が、パニック映画として、見ごたえがあったと思うんだが…。

ラストの恐竜達の戦いを見てると、どーもそう思えて…。

人間を捕食するシーンにも慣れてしまったのは、「進撃~」を見すぎたからか…。

「進撃~」が面白いと感じるのは、破天荒な設定と展開があってこそ。

まあ、恐竜だと、そういう展開にはもっていきずらいだろうが、もう少し、ストーリーと演出に工夫がほしい。

ただ、「ジュラシックワールド」を実現したかのような演出と、何よりも、ラプトル4姉妹がかわいかったので、そこをプラスとして、評価は5段階中の3としておこうか…。

「恐竜」好きにスピルバーグ好きなファンは世界に大勢いるから。

こけることはないと思うが、続編はどうなるやら…。
スポンサーサイト

40周年タオルの在庫もごくわずかとなってきました!

までお買い上げくださった皆様、本当にありがとうございました。

50パーオフにしてから、いくつか購入していただき、3日現在の在庫が2点限りとなりました。

こちらも、この在庫がなくなり次第、終了となります。

今一度、告知しますので、ご希望の方は、どうか、お早めに♪


sample1.jpg
(タオルの画像サンプルです。実際のものとは異なりますので、ご注意ください)


詳細は以下のサイトへGO!!!

40周年企



(拍手の返事は、次の記事で…。)

メアリと魔女の花



ロックの原画展の前に見に行った。

あまり詳細はいえないが…。

当初、メアリがもう少し美少女だったらな~と、友人といってたけど。

me3.jpg

映画を見た後は、このメアリのキャラでちょうどだったね…で落ち着いた。

美少女というより、素朴な少女があることをきっかけに、不思議な体験をし成長していく。

エンターテイメントとして、これほどワクワクさせられる要素はない。

そして、全編ジブリオマージュが満載!!

こんな記事が目を引いた。

http://www.excite.co.jp/News/reviewmov/20170727/E1501084472480.html

まさに、「特盛り」!!(いい表現~~♪)

米林監督のジブリに対する熱い思いと感謝。

尊敬と畏怖。そして、次のステップへの挑戦。

自身の強アピール。

それらがほどよく映画の中に盛り込まれていて、しつこくなく、大きな魅力を引き出す。

私は、個人的に「アリエッティ」や「マーニー」の方が好きなんで、「これは最高にいい!」ということはいえないけど…。

あるジブリファンの方が、「宮崎作品じゃないと見る気がしない」とおっしゃるそうな。

それも、その方の価値観だし肯定もする。

ただ、巨匠は「上の存在」であり、米林監督は「これからの人」。

情熱は互角かもしれないが、油が程よく乗り切った米林監督の方が、疾走されてるように思う。

しかし、問題はここから。

今回は、ジブリブランドを包み隠さず、作品に盛り込こんでくださったが、本当のオリジナル作品も描いていただきたい。

たぶん、監督ご自身も、まだまだ挑戦したいこと、理想、野心をお持ちのはず。

いろいろと問題を含む業界ではあるが、製作するのはあくまでも「人」。

その人達の情熱がなくならない限り、この世界は、ずっと広がっていくと信じたい。




ランチは「チャヤマクロビ」で。

玄米ランチとグルテンフリーのケーキ。とても美味しかったよ~~♪

me1.jpg
me2.jpg

超人ロック生誕50周年展

同じ緑の髪を持つ永遠の少年の展示を見に行く。

こちらも50周年とは…。

l8_20170727215907eb2.jpg


二週間前、2期の展示を見てきた。

懐かしい~~。

私が知ってるのは、ちょうど「少年キング」の連載時だった。

今も連載され続けてると聞いてたが、まさか半世紀とは…。

半世紀、変わらぬ人気と衰えない魅力。

こんなところが、すでに「超人」…。

聖先生の貴重な原画を堪能。そして、ボルテスVのコミックなど。

今後、見られないお宝絵をできる限り、とってきた。

小スペースだけど、内容は濃いぞ~~。

このロックが綺麗だった! しかし、光線が~~;;;;
l5_20170727215843bf0.jpg


インフィニット計画の子ロックと、ロードレオン。
この頃が、自分にとっての「旬」♪
なかでも、クマさんアップリケのロックはショタ心をくすぐられた・・・♪
l6_201707272159109e2.jpg
l7_20170727215909984.jpg

こちらもキング連載時のもの。キングの表紙のロック絵は、グッズ絵にもなってたなぁ。
l3_201707272158463f5.jpg
l1_201707272158497e4.jpg

これは最新…? 知らないんだ、実は…(^^;;;
l2_20170727215847ea5.jpg

これが現在のロック。髪のツンツンがパワーアップしてますがな。
l4_20170727215845740.jpg

サイン帳も用意されてて、来場者のメッセでうめつくされていた。
しかし、描かれたロック絵は、みんな、左向きだった。
l9_20170727215906cf9.jpg



個人的にロックで覚えてる黒歴史。

その1)
ロックのTシャツを着て、さらに、袖に自前の「ゴッドマーズ」のクラッシャー隊のロゴマークのワッペンを張っつけて、「ザブングル」の映画を見に行ったオタ全開の高2の夏休み…。


その2)
月刊『OUT』Iの投稿コーナーに掲載されていた「樫の木モック」の替え歌を教室で熱唱してた高校時代の冬休み。
今も思い出す。
♪ロック、ロック、超人ロック、ロック、ロック、超人ロック~。光の剣をヨコチョにロック~♪だったなぁ…(笑

何かと心に残ってる作品なのだ、とどのつまり…(^^;;;;



その前に『メアリと魔女の花』を観た。

こちらの話題は、次の話で…。

海のトリトン45周年企画、終了のお知らせ

皆様、暑い中、いかがおすごしでしょうか。

本日、残りの在庫の分をすべて、発送させていただきました。

これにて、トリトン45周年企画を終了させていただきます。

短い期間にも関わらず、多くの方に見ていただき感謝でいっぱいです。

当初、45周年のグッズを作ることも考えていなかったのですが、他所の作品展とか、見て回るうちに、作りたい願望がむくむくとわきあがってきました。

海のトリトンに関して、公式のグッズは、今のところ、製作されることがまったくありませんので…。

50周年、何かできるかまだわかりませんが、また、何か企画できれば…と、思っています。





なお、40周年のタオルの方は、引き続き、配布中です。

こちらも、在庫4枚になりました。

40周年企画


お求めいただける方は、どうか、お早めにどうぞ♪






こちらは非売品として、個人的に作ったグラスとアクキー。

こんなものが、また作れたらいいなぁ…。

45t1.jpg
45t2.jpg
About this site
ここは「ドリーミングキャッスル」のコンテンツのひとつです。日常の思うこと、体験を気ままにおしゃべりします。
About me
某所に潜む隠れオタク主婦。イケメン好き。雑貨好き。チクチク野郎。